So-net無料ブログ作成

ドコモの新型基地局 [南大沢地域情報(その他)]

世の中、ケータイ流行である。 ケータイ各社もサービスの向上に努めているようである。
そのサービス向上の基本としては「安定して繋がる」という大事な要素がある。そのために携帯各社も基地局増設を進めているようである。
携帯電話の基地局といえば、(地下街向けを除いて)タワー型やビル屋上に設置される大掛かりなものが当たり前だったが、先日南大沢の住宅街で見慣れない形のアンテナが新設されているのを見つけた。


場所は南大沢4丁目。大平公園南交差点から見上げた処にある廣妙寺の脇で、同町内では一番の高台である。
ここに自立したコンクリート柱が立てられ上部に2本のアンテナが付いている。これはドコモのマイクロBSというタイプの小型の新型基地局らしい。

隣の東京電力の配電用電柱には、旧アステル(昨年でサービス終了した)のPHS用基地局が付いたままになっているが、そのアンテナと同じような形をしている。
[上の画像で左側にある黒い棒状アンテナがドコモ。
 右の配電電柱上部に付いている白い棒状アンテナが旧アステル。]

今回の新型基地局は小型/狭小エリア対応なので出力も抑えられているとは思うが、住宅地に向かって四六時中電波を出しているとなると、電磁波影響が気になるWeb-Masterである。

Itmedia 携帯基地局の解説
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/0104/09/keyword_1.html


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。